冠婚葬祭に行われる行事ガイド

冠婚葬祭には、成人の行事もあります。地域により今でも元服式を行う所や、成人前の十三参りを行う所があります。

冠婚葬祭の成人に関する行事

冠婚葬祭というと結婚式や葬儀がメインですが、人生の通過儀礼として行う行事も含まれます。
例えば成人式も、冠婚葬祭の一つです。
成人の儀式は、現代では満二十歳を迎えた若者が行う行事です。

しかし昔は、元服のような形でより若いうちに行われていました。
今でも、東北のある地域では元服式が行われています。
この地域では、江戸時代末期から行われている行事です。
満十五歳になる中学生が対象で、地域にある決まり事を守る誓約をし、飲み物の入った杯を飲み干すという簡素なものです。
十五歳は、おおよそ昔の成人年齢です。
儀式を行うことで、責任ある地域の人間としての自覚を促しています。

元服は大人になるための行事ですが、成人より前に行う通過儀礼もあります。
十三参りはその一つです。
主として関西地方で行われている行事で、数えで十三歳になる人が、知恵を授かるため虚空蔵菩薩に参詣するというものです。
この時着る着物は、初めて大人と同じ寸法の晴れ着にします。
ただ肩上げをすることになっているので、まだ完全な大人として扱われる訳ではありません。
しかし成人に向かう通過儀礼の一つと言って良いでしょう。
昔は子供が成人まで生きられない、ということが多くありました。
そのため、成長すると節目ごとにお祝いの行事を行ったのです。
十三参りや元服式もその一つです。
今では無事成人できることが当たり前のようになりました。

しかし、冠婚葬祭のなかで成人の儀式は残っています。
現代では、一人前の人間としての自覚を促す行事、という側面が強くなっています。

Copyright 2017 冠婚葬祭に行われる行事ガイド All Rights Reserved.