冠婚葬祭に行われる行事ガイド

冠婚葬祭における行事では、お宮参りがあります。産後に、神社に行って、生まれたことの報告をします。

冠婚葬祭の行事にお宮参りがある

毎年正月になると、初詣に行くと思います。
どこに行くかは、家族によって違うようです。
地元の神社に行くこともあれば、その地域で一番大きな神社に行くこともあります。
また、日本において有名な神社に行くこともあります。
だからこそ、ある神社においては、正月に多くの人が訪れることになるのでしょう。
正月には賑わう神社ですが、その他の日はそれほど混雑することはありません。毎日来ている人もいれば、観光で来ている人が見られるぐらいです。

そんな神社において、冠婚葬祭における行事が行われると聞きました。
それは、お宮参りと呼ばれるものです。
神社に参ることですから、日常的に行なっていることのように思いますが、通常のことではありません。ある特定の目的のために行うものになります。
これは、出産後において、その土地の神社に行って行います。
その土地の神社は、その地域を守っているところになります。
新たに授かった子供を神社に報告して、守ってもらおうとする意味があるのでしょう。

では、いつぐらいの時期に行うものでしょうか。産後すぐとなると、母子ともに大変です。
現在においては、30日を過ぎた日ぐらいになるようです。
この頃には1箇月検診が行われますので、それを待って行うことが多いようです。
もっとも良いのは、両親揃って、大安の土日に行くことです。

でも全てがぴったり合うことは難しいこともあります。
有給休暇を使えるなら平日に行くこともできますし、大安は諦めて別の土日にすることもあります。

Copyright 2017 冠婚葬祭に行われる行事ガイド All Rights Reserved.